カヌーの鈴木選手「現金・パスポートの窃盗の他に中傷メールも」(;゚Д゚)

鈴木、小松の現金やパスポート隠し中傷メールも…カヌー薬物混入事件(スポーツ報知)

てか本当に山岸凉子の「アラベスク」のような「トゥーシューズに画鋲」みたいな多種多様な嫌がらせを…。

昨年9月のカヌーのスプリント日本選手権で小松正治(せいじ、25)=愛媛県協会=の飲み物に禁止薬物を混入させた鈴木康大(やすひろ、32)=福島県協会=が、昨年6月に小松選手の現金とパスポートを隠したほか、所属先に中傷する内容のメールを送るなどの嫌がらせ行為を繰り返していたと関係者に話していることが11日分かった。

 ライバルへの妨害行為が多岐にわたっていたことが明らかになった。鈴木はいずれも認め、小松に手紙で謝罪している。

 関係者によると、五輪出場経験のない鈴木は昨年、若手有望株の小松に勝てなくなり、五輪出場が有望なカヤックフォア(4人乗り)の日本代表メンバーからも外れた。目標だった2020年東京五輪へ不安を感じ、嫌がらせを行うようになった。

 昨年6月に石川県小松市で行われた代表合宿中に「困らせようと考えた」と更衣室で現金2万円とパスポートを隠したことをきっかけに、行為はエスカレート。小松にドーピングで陽性反応が出れば自分が代表になれる可能性があると考え、9月11日の日本選手権では小松の予選レース中に飲料に禁止物質を混入させただけでなく、決勝レース後にはパドルとスピードメーターを盗んだ。

 スピードメーターは会場のごみ箱に捨て、パドルは車に隠したという。パスポートがなくなった小松は7月の海外遠征への出発が遅れた。9、10月には小松の所属先に計4回、中傷メールを送った。プライベートな内容も書かれていたという。

 飲料に禁止物質が混入したと知らずに飲んだ小松はドーピング検査で陽性となり、一時は日本アンチ・ドーピング機構(JADA)に資格を停止されたが、鈴木が不正を認め、処分は解除された。鈴木はJADAから8年間の資格停止処分を科された。

そんなのを考えるのに頭や時間を費やしてたらそりゃ勝てないわ。だって時間も体力も棋力もあまりに無駄すぎるもの。

スポンサーリンク

いろんな意味で「勝てない」タイプだったんだな…。

まあ実際には「野球部で有能な後輩にレギュラー取られて体罰加える上級生」とか「若き幕下時代の後輩力士の才能と番付追い抜かれる現実に嫉妬して様々なかわいがりを実施する先輩力士」とか(貴花田→貴乃花なんか大変だったそうですしね。兄貴の若花田→若乃花はそこらへんはうまくかわしてたそうですけど)、そういう話はいろいろと聞くけど、このカヌーの人はひどいわ。おまけに中傷メールまで。

まさに至れり尽くせり。

って感じ。ここまでやってどこに「良心の呵責」が生まれて後悔する余地があったんだろうな。まあうがった見方をすればそこに「良心の呵責が生まれて自白」という流れを含めて「この選手はいろんな意味で弱いんだろうな」という見方もできるんだけどさ。しかしやってることが意地の悪い女子中学生とかと大差ねえや。なんか更に多種多様の嫌がらせをやらかしていてこれで終わるとは思えないんだけど…。

どっちにしても今後は「自分の身は自分で守る」というのは基礎中の基礎になっていくんでしょうね。ここまでやられた小松選手の精神的トラウマが本当に心配。あ、加害者選手よ、少なくても「生きているのが辛いから自害」とかは絶対に止めろよ。それこそ最も身勝手な行為だし何より被害者の選手に対しての「史上最大の嫌がらせ」だっつーの(大汗)。