カヌーの鈴木康大選手。対戦相手の器具破損もひどいが「現金盗難」もか…。

カヌー鈴木康大、薬物だけでなく道具や現金の盗みも(日刊スポーツ)

昨日このニュースを聞いた時には思わずツッコミ前に絶句してしまったんだが、現金盗難まで行くとこれはもはや…。

日本スポーツ界に、前代未聞の不祥事が起きた。日本カヌー連盟は9日、昨年9月のスプリント日本選手権(石川県小松市)に出場した鈴木康大(32=福島県協会)が、大会中に小松正治(25=愛媛県協会)の飲み物に禁止薬物を混入させ、小松がドーピング検査で陽性となったと発表した。鈴木は過去に小松らのパドルなどを破壊、窃盗したことも認めている。ともに昨夏の世界選手権代表で、東京五輪を目指すトップ選手が、若手のライバルを陥れた事件。開催国としてもイメージダウンとなった。

 常識が覆された。強い倫理観とモラルの高さで、五輪でドーピング違反者はゼロの日本。その信用が崩れる事件が起きた。ライバルに“薬を盛る”という最悪の事態。日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が鈴木に8年間の資格停止処分を科し、暫定的な資格停止となっていた小松の処分を解除した。この発表を受け、都内で会見した日本カヌー連盟の成田昌憲会長は「わびてもわびきれない。完全に裏切られた」と苦悶(くもん)の表情を浮かべた。

 昨年9月11日の日本選手権カヤックシングル200メートル。鈴木は小松のレース中に小松の飲料水ボトルをロッカー室に持ち込んだ。インターネット通販で購入した筋肉増強剤メタンジエノン(50錠、1300円)1錠を混入後、何事もなかったように元に戻した。前日10日の同500メートルで鈴木は5位。小松は3位。練習でも何度も力負けしており、関係者によると「本能的にもう勝てない」と実感し、妨害行為に及んだという。ただ最終的に200メートルも小松1位、鈴木8位だった。

 知らずに飲んだ小松はレース後のドーピング検査で陽性になった。同年11月17日の日本代表の沖縄合宿で、日本連盟の古谷利彦専務理事が5時間以上かけ、反ドーピングの啓発とともに選手1人1人へ聴取を行った。3日後の同月20日。良心の呵責(かしゃく)にさいなまれた鈴木が涙ながらに古谷専務理事に自白した。

 代表合宿や試合などで10年ごろからパドルなど道具の破損や紛失、現金の盗難が発生。これらに関しても鈴木は過去にライバル選手の道具を壊したり盗んだことを認めた。薬物混入の際も小松のパドルなどを盗んだ。他の3選手とは示談が成立したが、金銭を盗んだことも認めた。現在は千葉県の実家で謹慎している。

 小松は薬物混入とパドルを盗まれた件で、被害にあった試合会場の管轄でもある石川県警に被害届を提出した。日本連盟は、鈴木を除名処分とする方針を固め、県警の捜査を待って、今春にも最終処分を下す見通しだ。小松は検査で陽性になったことを真っ先に鈴木に打ち明けるほど、2人の関係は良好だっただけに周囲も驚きを隠せなかった。

 他者からの混入によるドーピング違反発覚は国内で初めて。日本連盟は再発防止策として、大会中にドリンク保管所を設け、医薬品相談窓口も開設する。東京五輪が2年後に迫り、これから代表争いは過熱する。今回の問題はスポーツ界全体に波紋を広げそうだ。

まあすでに薬物混入の時点でアウト、器具破損の件で永久追放モノなんだろうけど…、現金盗難までやる理由が見あたらない。

スポンサーリンク

どこが良心の呵責やねん、と(呆)

なんつーか、えらく厳しい言い方をすれば、

器具破損と現金盗難には「良心の呵責」はなかったんかい(怒)

というツッコミしか出てこないわ。

要はこのまま小松選手はドーピングが確定すると4年ぐらい出場停止になって東京五輪どころか選手生命すら危ぶまれる、という事になった件に関して「良心の呵責」が発生して自白した…ってのが今回の話が発覚したそうなんですが…でもさ、器具破損(ライバルの愛用している器具を隠したり壊したり)するのも相当な嫌がらせであり、戦略的にはライバルに精神的な(そして金銭的な)ダメージを与えるって意味でやったのかもしれないけども、

現金盗難はお前自身の「盗癖」なだけだろ?

としか言い様がないんだよなあ。まあ他人様の財布から現金をくすねる(もしかしたら財布ごとくすねたりして)真似をしょっちゅうやってれば、そりゃ対戦選手の飲み物に薬物入れるほうが「まだ簡単」でしょうしね。いやあそのくすねた現金はどうしたんだろう。浪費して使っちゃったのか、それともゴミ箱等にぶちこんでそのままになったのか…気になるなあ。いずれにしても「犯罪」だけどね。

実は元々「人間のクズ」だったのがカヌーやってただけでは?

しかしここまで同情の余地がない加害者側の一件も「日本のスポーツ界」では非常に珍しい。先日まで話題になってた貴ノ岩を酒の席でフルボッコにした日馬富士だって、98%は「日馬富士、バカだなあ」って気持ちだけど、実際は白鵬にけしかけられただのいろいろと2%は何らかの同情の余地はあったんだけど…まあそれ以前に日本相撲協会が「ははーん、最初から隠蔽する気だったんすね」っていうクズっぷりの方が目立っちゃってね。一方で貴乃花親方も今は若いからいいけど、50代60代で理事長になって実験を握った頃には相当な頑迷なオッサンになりそうだし。

で、大相撲はともかく、今回の一件はなー、器具破損と現金盗難の一件は刑事告訴してきっちり司法の場で白黒つけるべき話だと思いますけどね。なんつーか、負けず嫌いが昂じていろんな嫌がらせを…というよりも、元々の人間のクズがたまたまカヌーやってました、とか思えないダメっぷりに。あまりにも同情の余地がないだけに選手生命も絶たれたし、セカンドキャリアもなかなか仕事もありつけないんでしょうね、この人…。

ただ、「冤罪」が晴れた小松選手のケアとフォローをカヌー連盟だけじゃなくてJOCとか日本スポーツ界が総出で全面的に頼みますわ。そして今後、他のスポーツを含めてもこんな事件を起こすような馬鹿が出てこないようにしてください。

余談

ま、記事とは関係ない話なんですが…こんな記事が出てました(ま、ひとつの記事にするほどの話ではないのでここで「余談」として…)。

さだまさし氏が立ち上げた財団で「利益相反取引」疑惑(現代ビジネス)

数年前にさだまさし氏が立ち上げた「財団法人 風に立つライオン基金」の一件なんすけども。さだ氏は大規模災害があった土地によく慰問したりチャリティーをしたりしてるんで、それらの慈善事業を行うための財団を立ち上げたんですが、そこで「利益相反取引」を…という話があったそうで。

つーか、これはさだ氏本人よりもさだ氏の周りの「ブレーン」がそもそも「頭脳」になってねえ。むしろ「おんぶにだっこ」になってるだけじゃねえか、という話なんですけどね。

まあ「理事長」のY氏ってのはさだ氏のコンサートトークとか自伝本とかにもよく名前が出てくる人なんでコアなファンの人にはもうおなじみの人でもあるんですけど。いやあ若い頃、散々、映画「長江」で35億円近い借金を背負って30年以上書けて返済するとかで金銭的に苦労してきたさだ氏なのに、還暦を過ぎてこういう話が出て来るっつーのもなんとも大変だわ。こちらも相撲協会同様、「公益財団法人」だけにガバガバなコンプライアンス・ガバナンスぢゃ済まないでしょうね、これが本当だとしたら。いずれにしても佐田社長、兄貴を助けてやってください。

以上です。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ