体重オーバーで王座剥奪…全くやる気ねえな、ドーピングチャンプよ(呆)。

王者ネリ再計量で1キロ超え王座剥奪、山中は涙(日刊スポーツ)

昨年、無敵状態を誇っていたボクシングの山中慎介チャンプを倒すも、直後にドーピングが発覚した新王者の話が以前ありましたが…こうなるんだったらWBCは甘い顔しねえでさっさと「王座剥奪」しちまえばよかったのにな。

ボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチの前日計量が28日に都内で行われ、同級王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)がまさかの1・3キロオーバーとなった。

 リミットは53・5キロで、まずは挑戦者の前王者山中慎介(35=帝拳)は53・2キロと100グラムアンダーと一発でパスした。ネリは必死に伸び上がって計量台に乗ったが、55・8キロと2・3キロもオーバー。2時間の猶予を与えられての再計量でも54・8キロで1・3キロオーバー。王座は剥奪され、空位となったが、3月1日の試合は行われる。山中が勝てば王座奪取となる。

 山中は涙を流して、手で口を押さえながら、控室に戻った。表面上落ち着いたところで、食事に向かい、コメントはしなかった。昨年8月に4回TKO負けで、日本タイ記録の13度目の防衛を阻止された。ネリに雪辱だけを考えて現役を続行し、この日を迎えたが、思いもよらぬ事態になった。

まさか「こんなこと」になるとは…。

スポンサーリンク

WBCさん、随分と舐められてるご様子で(失笑)

いや、これは山中元チャンプからすると屈辱モノでしょうよ。気持ちの上では、単純に「倒してベルトを奪還すれば良い」って話ではないでしょうに。つーか、ドーピング陽性反応が出て王座奪還されないだけでも随分とラッキー(そこに政治力が加わったかもしれないが)って話なのに、まさかの計量オーバーとは。

ちなみに過去には何回かこういう話ありまして、王者が計量オーバーで王座剥奪、挑戦者が勝てば王座奪取…というケースはありました。勿論、挑戦者が勝った例もあるんですが、結構、計量オーバーで既に「失うものは何もない」状態の元王者が挑戦者に勝った例も近年は幾つか…。

確か後者の例としては、数年前に亀田三兄弟の次男・大毅選手がこのケースだったような記憶がありますね。しかも対戦者と本人が共に別団体の現役王者の「王座統一戦」で、そこで亀田選手が判定負けをしてしまったんですね。そしてその後に亀田選手が王座を持ってた団体から「負けても王座防衛」という話が出てきてボクシング界がかなり大混乱して、かなりの物議を醸した(最終的には亀田選手は王座返上して、その次の試合後に引退)こともありましたね…。

ま、たぶん今回の試合は山中選手が勝てば王座奪還、負ければ空位という「だけ」の話で済むんでしょうが…いやあ、これは山中選手は難しいかもしれませんね。技術とか戦力はもう申し分ないものを持っているのは間違いないんですが、「気持ちの持って行きよう」がなくなるかもしれませんし(勝ったとしても素直に喜べる心境ではなくなったのが一番つらい…)。とにかく相手の事情は一切度外視して、ここまでの気持ちとトレーニングで積み重ねてきたものを全て出しきることを祈っていますわ。

…しかしドーピング反応陽性が出ても大したペナルティを課さなかったWBCが、この試合の後に、仮にネリ選手が勝ったとしたら…なんやかんやで「王座防衛」とかふざけた事をぬかしそうでそれはそれで怖いんスけども(失笑)。それにしても二度に渡って「興行」を台無しにされるとは、随分とネリ陣営に舐められてるもんだなあ、WBC。

 

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ